去勢手術と避妊手術について

家族の一員でもあるペットが永く健康に暮らすためには、避妊や去勢手術も大切です。 不妊手術を行うことによって、さまざまな病気の発症リスクを抑えることにつながります。 また生後5〜6ヶ月の手術をおすすめしています。

当院の去勢手術と避妊手術

年間平均1000件以上の手術件数

年間平均1000件以上の手術を行っているため、さまざまなケースを想定して行うことができます。これまで培ってきた経験と知識で、安心で安全な手術に努めます。

麻酔中のモニタリング

手術を悩まれる時、全身麻酔が不安の種になると思います。 当院では心電図・血圧・酸素飽和度・呼吸数・酸素濃度・麻酔濃度・炭酸ガス濃度のモニタリングをしっかり行います。 また温風式加温マットを使用し術中の体温低下を防ぎます。

希望の方には体内に糸を残さない手術も可能

「切る」と「止血」を同時に行う最新機器を導入し、糸に対する体内のアレルギーを防ぐと同時に手術時間の短縮につなげています。

猫の手術は術創が「小さい」です

飼い主様より「傷口小さいですね」と驚きの声を頂きます。抜糸も不要なのでご家族と猫ちゃんの負担を軽減します。

去勢手術と避妊手術の
メリット・デメリット

去勢手術(精巣摘出) 避妊手術(卵巣子宮摘出)
メリット 去勢手術(精巣摘出) 繁殖能力をなくし、攻撃性の低下が期待できる
問題行動を抑制する効果がある(※)
・マーキング
・マウンティング
病気の予防になる
避妊手術(卵巣子宮摘出) 望まれない妊娠を避けることができる
問題行動を抑制する効果がある(※)
・マーキング
・発情期の放浪&鳴き声
・不安行動
病気の予防になる
デメリット 去勢手術(精巣摘出)/ 避妊手術(卵巣子宮摘出) 全身麻酔
術後3日間の痛み
太りやすくなる
尿失禁(まれ)

※ 問題行動の期間が長いと手術に対する反応性は悪い

発症を予防できる病気

去勢手術(精巣摘出)

前立腺肥大

精巣から分泌されるホルモンの異常により前立腺の肥大が起こると、排便異常や排尿困難を引き起こします。

精巣腫瘍

精巣の悪性腫瘍はリンパ節や肺に転移を起こします。 若齢期に去勢手術を行うことで、完全に予防することができます。

肛門周囲腺腫

未去勢の雄犬に頻発する良性腫瘍です。ホルモンとの関連性が示唆されているため、去勢手術が治療の第一選択となります。

会陰ヘルニア

直腸の周りの筋肉が萎縮することでヘルニア孔が生じ、脂肪組織や膀胱などが脱出する病気で、 未去勢の雄犬に好発します。 生活の質を維持し、合併症を防ぐには整復手術が必要になります。

避妊手術(卵巣子宮摘出)

乳腺腫瘍

乳腺腫瘍のうち、犬では約 5 割 、猫では8~9割が悪性といわれています。 若齢期に避妊手術を行うことで、格段に予防率が上がります。 詳細は下記のグラフを参照してください。

子宮蓄膿症

子宮内に膿が貯留する疾患です。 子宮の中の菌が産生する毒素により合併症が引き起こされると、死に至ることもあります。 根治には子宮卵巣全摘出が必要です。

卵巣嚢腫

卵巣が腫れてくる病気で、ホルモンの異常を伴うため発情の持続あるいは無発情などを生じます。 ホルモン剤による治療も行われますが、その成功率は必ずしも高くないこと、また、成功しても発情ごとに再発する可能性が高いことから、早期に外科手術を行うことが推奨されます。

顆粒膜細胞腫

顆粒膜細胞という卵胞の細胞に由来する腫瘍で、転移を起こす悪性の場合もあります。 早期の外科手術により予後は良好ですが、進行して転移が起きている場合、化学療法が必要になります。

糖尿病の悪化

発情期に分泌されるホルモンがインスリンの働きを大きく妨げ、糖尿病を悪化させることがあります。

避妊手術における乳腺腫瘍の予防効果

乳腺の悪性腫瘍は、メスの犬猫で最も多い癌の一つです。避妊手術のタイミングが早いほど、病気のリスクは軽減されていきます。

犬のグラフ
猫のグラフ

手術までの流れ

当院では術前検査で健康状態をチェックしてから手術を行います。血液検査で麻酔のリスクを総合的に判断して手術日を決めていきます。

事   項 食   事 飲 水
手術数日前 術前の血液検査を行います。 検査の前日20時以降絶食
手術前日 いつも通り過ごして下さい。 20時以降絶食
手術日 午前中来院して下さい。午後から手術です。
夕方面会も可能です。
不可
手術翌日 診察時間内に退院です。 少量からスタート
手術10日後以降 抜糸(犬のみ)

診療の流れ

当院では事前にしっかり問診と身体検査を行い、飼い主様の不安と疑問が解消できてからの処置となります。少しでも不安や疑問がある場合は何でも聞いて下さい。 解決できるまで何度でも説明します!

1.診察

まずは問診で内容を確認し、触診や視診、聴診、検温等、身体検査をさせていただき、現在の状態を把握します。 その中で必要となる処置や検査について、ご相談させていただきます。

2.検査

血液検査やレントゲン検査、超音波検査など様々ありますが、必要な検査のみ実施します。

3.治療

診察や検査結果をもとに、病気の診断や原因をお話しします。
その上で、これからの対策や治療内容を分かりやすくご説明致します。

4.会計&次回予約

診察が終わりましたら受付で会計をお願い致します。
再診が必要な場合は、会計時もしくはお電話にて、次回のご予約をお取り下さい。